FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千年に一度のお祭り

当蔵のある桜川市真壁町には「五所駒瀧神社(ごしょこまがたきじんじゃ)」という神社があります。
真壁を見守り続けて、今年1000年を迎えました。

その記念すべきお祭りが11月2日・3日の二日間行われました。

この神社さんには代々お世話になっており、当蔵としても大祭に出席するだけではなくお祭りのスタッフとしてお手伝いさせて頂きました。

わたくし「桜川本物づくり委員会」というまちづくり団体に所属しておりまして、そのメンバーと共に二日間お仕えしました。

一日目のお仕事。
まずは、朝からおむすび製造。
夕方、神社に出向く山車を引き回す若衆や、綱で引く子供たちへのお弁当代わり。
五所駒瀧神社神社の御神米と古代米で紅白のおむすびを作りました。
その数300セット(600個!!)
s-1450039_564783300260584_550844040_n.jpg

その後、午後から真壁のランドマーク「伝承館」にて「太鼓笑人 めでたい」による和太鼓公演。
s-1395226_564783806927200_1372679765_n.jpg
迫力満点の演奏に感動しました。
体の奥まで響き渡るあの振動はクセになりそうです(^^)

太鼓公演が終わったら神社に移動して鏡開きの準備。
若干芝居がかった感じの写真ですが、お気になさらずに・・・(^^;)
s-945470_564784160260498_1305026360_n.jpg

長い歴史において、おそらく町内にある山車が神社に参拝に来たのは初めてだと思います。
その記念すべき姿を見ることができ、さらにその山車の前で当蔵のタルで鏡開きをするというのは何とも言い表しがたい想いでいっぱいでした(^^)
s-1455860_564784500260464_481356058_n.jpg


夜は野外特設ステージで夜神楽奉納。
この神社は山の中腹にある為、日が暮れると急に寒くなります。
ということで当蔵は樽酒の振る舞いと熱燗の提供をさせて頂きました。
s-1460269_564784600260454_1176148428_n.jpg

森の中で厳かに進行する神楽・・・
s-1422533_564784863593761_854106433_n.jpg


とても神秘的な夜を過ごさせてもらいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

八代目 半右衛門

Author:八代目 半右衛門
筑波山の北側でコツコツとおいしいお酒を造っている酒蔵の日々をつれづれなるままにご紹介します(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。