葉っぱ展!!

酒蔵の軒先に杉でできた玉がぶら下がっているのを見たことがありますか?
あれは「酒林(さかばやし)」と言って、新酒ができた目印として軒先に下げるものなのです。
最初は青々としていて、時がたつにつれて徐々に茶色に変わっていきます。
完全に茶色に変わると「熟成が効いて飲みごろになりました」という意味です。

その酒林を当蔵では毎年春先に自社で手造りしてます。
s-DSC_2098.jpg

s-DSC_2104.jpg

そして今日、この酒林がしばし旅に出ることになりました。

丁重に梱包される我が子。
s-DSC_2680.jpg
s-DSC_2681.jpg

行き先はというと・・・「茨城県自然博物館」
茨城県自然博物館ホームページ

そこで7月4日(土)~9月23日(水)の期間で「葉っぱ展」が開催されます。
その「葉っぱ展」に当蔵の酒林が展示されることになりました。
「葉っぱと人との関わり」というコーナーに展示されるそうです。
s-DSC_2687.jpg
「葉っぱ展」案内ページ


2ヶ月強の長旅ですが、たくさんの方々にご覧いただけると嬉しいです!!

ということで、当蔵の指定席は只今空席。
s-DSC_2684.jpg

近々代打を投入しようと考えております(^^)
スポンサーサイト
プロフィール

八代目 半右衛門

Author:八代目 半右衛門
筑波山の北側でコツコツとおいしいお酒を造っている酒蔵の日々をつれづれなるままにご紹介します(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR