千年に一度のお祭り その二

千年祭二日目。
今日もまたこれまで一度も行われてこなかった事が・・・

まずは昨日ホールで素晴らしい演奏をしてくれた「太鼓笑人 めでたい」による野外公演。
拝殿前にて奉納演奏をしてから、演奏しながら参道を歩き特設ステージへ。
この演出は、当日朝「めでたい」のメンバーより出されたものです。
一度行くと分かりますが、この神社はそんじょそこらの神社とは違う空気を持っています。
真壁に来たら絶対に足をお運び下さい。
そこにたたずむだけで心が洗われていくのが実感できます。
そんな雰囲気をめでたいメンバーの方々も感じたのだと思います。
拝殿から参道にかけて響き渡る和太鼓の音色。
言葉が出ませんでした。

s-1465248_564785370260377_1275994762_n.jpg

野外ステージでの演奏は、ホールとは違った趣で素晴らしかったです。
めでたいの方々も野外ということで、普段以上に思い切り大きな音を出せて気持ちよさそうでした。
s-1425791_564785583593689_964860657_n.jpg

ちなみに、この間私たちは公演に来て下さった観客の皆様へのおでんや豚汁の振る舞いをしておりました(^^;)
あくまでもスタッフですので(^^)v

そして今回の千年祭にあわせてつくったお酒があります。
千年祭を記念して、当蔵と五所駒瀧神社さんとで企画して古代米のお酒をつくりました。
田植え・刈り取りもお手伝いさせて頂き、米も水も神社のものを使用し、搾ってから半年以上熟成をさせて、この千年祭に日の目を見ることとなりました。
ラベルは五所駒瀧神社さんとゆかりのある方で俳優の川津祐介さんにデザインして頂きました。
千年祭を記念して1000本限定で作ったこのお酒。
当蔵直販ではありますが、一般販売も行っておりますのでお味見されたい方は当蔵までお問い合わせ下さい。
s-60894_564818443590403_1841186604_n.jpg

ちとせのよろこび、いまここに・・・
スポンサーサイト
プロフィール

八代目 半右衛門

Author:八代目 半右衛門
筑波山の北側でコツコツとおいしいお酒を造っている酒蔵の日々をつれづれなるままにご紹介します(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR