FC2ブログ

楽しい課外授業?

酒造りというものは実に根気のいる仕事でして・・・
仕込んだからといって今日・明日にお酒になるわけではありません。
長い時間をかけてじっくり発酵させてやって初めてできあがります。

そういう意味では今回参加してくれている真壁高校の生徒さん達は若干つまらないかもしれません。
でも、「ものづくり」というものはそういうものなんです。

ということで、ただ今酒造りの工程上では「酒母製造」というところにいます。

文字通り酒の母を造っているところです。
酒造りの中でもとても重要な作業の一つで、一瞬たりとも気が抜けません。

期末テストも終了して、晴れてすがすがしい状態で作業に取り組めるようになったところで、これから本格的に職人になってもらいます。

画像1 (クリップ)
かなり職人ぽいでしょ?

これは櫂入れ(かいいれ)という作業なのですが、これももまたただかき混ぜれば良いというものでは無く、とてもコツのいる作業です。
徐々に慣れてきました。

酒造りが始まる前までは単なる高校生にしか見えなかったのが、こうやって見るとなぜかいっぱしの職人に見えますよね?
興味深いのは、作業を一つずつこなすにつれて、彼らの目に真剣さが出てきたということです。
最初は若干はしゃぎ気味だったのですが、数日の作業を経験してだいぶ落ち着いてきました。

今度彼らの親御さん達を招いて作業風景を見学してもらおうかな?なんて考えてます(^_-)
あまりの職人ぷりに感動するのではないかなと・・・

まぁ、あとは課外授業というのは総じて楽しいものですよね。
学校の外の方が雰囲気も気持ちもリフレッシュされて心地いいということも理由の一つかもしれません。

とはいえ、体を動かす作業だけが酒造りではありません。

画像2 (クリップ)
体を動かしたあとは頭の体操(^^)

作業内容・モロミの温度経過や様子を記録として残します。
単に作業するだけでは本当の意味での酒造りにはなりません。
収集したデータ整理も大事な仕事です。

机に向かうのはみんな若干ニガテなようでした(^^;)
でも、お互い教えあいながらの記帳作業は見ていてなかなかほほ笑ましい光景でした。

人に聞きながらの酒造りは今まで何度もしてきましたが、人にものを教えながらの酒造りは初めてです。
私も何となくとしかおぼえてなかった作業内容の再確認なんかができて良い勉強になってます。

12月は酒造り以外でも何かと忙しい月ですが頑張ります!!
皆さん応援よろしくお願い致しますm(_ _)m
スポンサーサイト



プロフィール

八代目 半右衛門

Author:八代目 半右衛門
筑波山の北側でコツコツとおいしいお酒を造っている酒蔵の日々をつれづれなるままにご紹介します(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR