スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目がキラキラ☆彡

昨日午前中の「洗いつけ」から始まった高校生達との酒造り。

昨日夕方の洗米(精米した米を洗うこと)から早速参加してもらいました。

「期末テスト前日なのにこんなとこにいて大丈夫?」などという問いかけは高校生達にかき消され・・・(^^;)

自分たちの作った米を冷たい水に手を浸して手作業で洗う。
「冷たい!」という声が飛びかいつつも、米が徐々に水を吸っていく様子を見ながら様々な感嘆の声。

「まだ吸ってないなぁ・・・」
「あっ、だんだん吸ってきてるよ」
「すげー、米ってこうやって水吸っていくんだぁ!!」

我々にしてみると至極当然のことが、彼らにとってはとてつもなく新鮮なことばかり。
「米を洗うだけでこれだけの感動があるなら、それだけでもこの活動は成功かな」と思ってしまいたくなる感じでした。

画像1 (クリップ)

自分の約半分の年齢の彼ら。
よく考えたら完全に平成生まれでした(^^;)

自分が高校生の頃はやっぱりこんなに子供っぽかったんだろうな・・・。
普段の少々チカラの抜けた感じの生徒達を見ていて、実際の作業が始まるまでは「この子達は本当に集中して作業に取り組めるんだろうか?」と不安になったりしましたが、そんな不安は完全に吹き飛びました。

目をキラキラさせながら取り組むその姿。
きっと美味しいお酒に仕上がるはず。

ということで、昨日洗った米は今日蒸して麹造りが始まりました。
期末テスト期間中なので、さすがに朝から酒造りに参加することはできなかったのですが、テストが終わってから来てくれました。
昨日と同様、「テスト期間中なのにこんなとこにいていいの・・・?」と心で思いつつも、その辺のことは頭から取り除いてみんなで麹室(こうじむろ)に向かいました。

暑い室内で米を揉みほぐす・・・。
汗カキカキ頑張ってくれました。
画像2 (クリップ)



それにしても、平均年齢が高い当蔵の酒造スタッフ。
高校生達のおぼつかない手つきを見て、各人が声を張りながら一生懸命指導していました。
私にとってはこれもまた嬉しい出来事の一つです。
なんだか蔵の中に活気が出てきた気がします(^^)
若いってすばらしい!!
スポンサーサイト
プロフィール

八代目 半右衛門

Author:八代目 半右衛門
筑波山の北側でコツコツとおいしいお酒を造っている酒蔵の日々をつれづれなるままにご紹介します(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。