季節の区切りにサカバヤシ

3月に入り茨城県は暖かい日もだいぶ増えてまいりました。

造り酒屋にとっては、稲の刈り取り時期から桜が咲くころまでの数ヶ月ずっと神経が張りつめた日々を過ごします。


↓今年もおいしいナマの新酒が揃ってますよ!!!

s-DSC_0061.jpg

しぼりたて生原酒

s-DSC_0135.jpg s-DSC_0136.jpg

農業高校とのコラボ日本酒「明笑輝」


当蔵は例年3月の声を聞くと、その張りつめた神経を解放することができるようになります。

その区切りがこれ↓

s-DSC_0545 1


よく「杉玉」と言われますが、正式名称は「酒林(サカバヤシ)」。


この杉でつくられた球は、造り酒屋の軒先でよく見かけると思います。

これは、緑色の新しいものが飾られると「新酒ができました」のサイン。

そしてそれが退色して茶色に変わっていくと「今年の新酒が飲み頃になりました」のサインなのです。


新酒はもっと早くできてはいるのですが、コレを作るのにはそれなりの気力と体力がいりまして・・・

当蔵では酒づくりが一段落した際に作り、それまで掲げられていたものと交換することにしています。


杉は地元の五所駒瀧神社(ごしょこまがたきじんじゃ)からいただいたものを使用しています。

日本酒は御神酒(おみき)ですからね。


↓こんなボサボサなやつを・・・

s-DSC_0512 1


手作業でまん丸にカット!

邪念が入るとキレイな球になりません・・・

(^^;)

s-DSC_0538 1


そして新旧交代。

下に置いてあるのが役目を終えた先シーズンのもの。

s-DSC_0544 1


また一年、この子をよろしくお願いいたします!

s-DSC_0556 1



スポンサーサイト

まつりのあと…

今ごろの投稿で恐縮ですが…

3月3日をもって今年の「真壁のひなまつり」も終わりを告げました。

毎年2月4日から3月3日の一ヶ月間、各家々に所蔵されているひな人形を飾って「寒い中お越しいただいた方々をもてなす」このおまつり…。


国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された街並みと、様々な年代のひな飾りを楽しめるということで毎年沢山の方々にお越しいただいてます。

当蔵も、国の登録有形文化財に指定された蔵を活用して様々なアーティストとコラボして様々な飾り方でひなまつりをお楽しみいただいています。


当蔵としてはひなまつりの会期中は、あまりネット上にひな飾りの写真は出さないのですが…

会期も終了したことですし、特別に当蔵のひな飾りを少しだけお楽しみください(^^)


s-DSC_0374 1


s-DSC_0156 1


s-DSC_0381 1


s-DSC_0373 1


s-DSC_0372 1


s-DSC_0362 1


s-DSC_0398 1


s-DSC_0317 1


s-DSC_0319 1


s-DSC_0320 1


s-DSC_0323 1


s-DSC_0314 1


s-DSC_0325 1


【真壁のひなまつり in 花の井 コラボアーティスト】

植物屋 6SENSE MOND(ロクセンモン)

ひょうたん細工 筑波傾金堂(つくばかぶきんどう)

草木染め ながいぬ屋

大関石材店 伝統工芸士 大関一利

フローリスト 稲葉千亜紀(Chouette<シュエット>桜川教室 講師)

チョークアーティスト&イラストレーター 菊池理香

Cafe R hana.

喫茶店 イチハチサン

●イラストレーター あべようこ

みなさん、ご協力ありがとうございました!!!


ちなみに…

「真壁のひなまつり 和の風 第十六章」は終わりましたが、当蔵のひな飾りはもう少し延長して展示してあります。

展示終了時期は未定ですので、ご覧になりたい方はお問い合わせの上お越しくださいませ。

TEL:0296-55-1171(西岡本店)

Mail:info@hananoi.jp(西岡本店)

今年も「明笑輝」発売です!

地元農業高校とコラボでの酒づくり・・・

今年もおいしく仕上がりました。

s-DSC_0135.jpg

明笑輝 純米吟醸酒


s-DSC_0136.jpg

明笑輝 純米「大」吟醸酒


茨城県立真壁高校 農業科 の生徒達が育てた「こしひかり」と「山田錦」

それを当蔵で生徒達と一緒に日本酒に・・・。


単なる職業体験ではなく、本物の職人として酒づくりに参加しました。

今年の明笑輝は・・・

こしひかりを使用した純米吟醸酒は濃醇辛口。

酒米の最高峰品種「山田錦」を使用した純米大吟醸酒は淡麗辛口。

どちらも甲乙つけがたい味に仕上がっています。

ぜひおためしください!!


ちなみに、お客様から必ず聞かれますが・・・

高校生達は一切味見をしておりません(^^)

米づくり・酒づくりを通して、ものづくりのすばらしさを学んでもらい、これからの人生に役立ててほしいとの想いで取り組んでいます。

そして、あと数年したら成人になる彼らが成人になったその日、まず日本酒を、そして「花の井」を手にとってもらえれば・・・と姑息なことも考えたりしてます(゜∇^*) テヘ♪

音楽と書のコラボ「弦書」再び!!

世界で活躍する二人のアーティストによる夢の共演「弦書」が再び当蔵で開催されます!
当蔵では2017年3月に初開催し、今回は二度目の開催となります。
ひな飾りの中で繰り広げられるパフォーマンスをお楽しみに!!

 「弦書」フェイスブックイベントページ

日時:平成30年2月25日(日)13:30~(開場13:00)
場所:西岡本店 玄米蔵
料金:2000円(中学生以下半額)
※超人気カフェ「イチハチサン」の珈琲付き

   →イチハチサンのフェイスブックページ


お問い合わせ・ご予約は当蔵まで

TEL:0296-55-1171

Mail:info@hananoi.jp

※「弦書」開催時間中はひな飾りの一般観覧を一部制限させていただきます。


ギタリスト 松田弦 (松田弦フェイスブックページ)

書 家 白石雪妃 (白石雪妃フェイスブックページ)

「真壁のひなまつり」がはじまりました!

2月3日の節分が終わった翌日…

当たり前ですけど2月4日。

この日は、当蔵のある茨城県桜川市真壁町にとっては特別な日です。

今年で16回目を迎える「真壁のひなまつり」が始まる日です。

毎年2月4日から3月3日の一ヶ月間、町に訪れたお客様たちを雛飾りでおもてなしさせていただいています。


ということで、今年も当蔵ははりきって蔵をひなまつり一色に!!

↓これは去年の飾りの一部です。

s-1487663070601 1


s-DSC_2589.jpg

くれぐれもお間違いのないように、この画像は昨年のものです(^^)

今年はさらにパワーアップ!!

コアなリピーターの方々には「真壁のひなまつりでは花の井さんに来ないと、来た意味がない」とまで言っていただけるほどのクオリティです。


そして、今年は2月25日(日)13:00~、世界で活躍されている書道家「雪妃」さんによる、音楽と書道がコラボしたパフォーマンス「弦書」を開催します。

皆様のお越しを心からお待ちしております。


「真壁のひなまつり」の詳細情報はコチラ↓

桜川市観光協会ウェブサイト内 真壁のひなまつり情報

プロフィール

八代目 半右衛門

Author:八代目 半右衛門
筑波山の北側でコツコツとおいしいお酒を造っている酒蔵の日々をつれづれなるままにご紹介します(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR